マガジンのカバー画像

カミナシのカルチャー

25
カミナシのカルチャーがわかります。
運営しているクリエイター

記事一覧

バリューアワードの受賞者はまさかのあの人…?! みんなで決めたバリューの体現者たち

カミナシnote編集部です! カミナシでは半期に一度、バリューアワードを開催しています。 バリューアワードとは、カミナシが掲げるバリューをもっとも体現した人を表彰するものです。 今回は新たに追加された新バリューを含む「KAMINASHI 5 VALUES」をお披露目した当日に全社員で投票して受賞者を決めました。 その経緯や受賞者のコメントなどをご紹介します! 「KAMINASHI 5 VALUES」について先日、カミナシはバリューを改定しました。 もともと3つのバリューに、

スキ
23

「アーリーステージ」を卒業するためにバリューを改定した話

カミナシでは、2022年7月に新しいバリューを2つ追加し、5つのバリューを「KAMINASHI 5 VALUES」としてリニューアルして公開しました。 新しく追加されたバリューは「自分リノベーション」「外向きベクトル」の2つです。 今回は、バリュー追加の背景や、新バリューの内容について書きたいと思います。 バリューの位置付けはじめに、そもそもカミナシにとっての「バリュー」の位置付けを書きたいと思います。 カミナシにとっての「MVV」の定義は以下図の通りです。 それぞれ

スキ
63

会社のビジョンを小説で表現した理由

こんにちは!暑い日が続きますね。今年に入って毎月noteを書くと言っておきながら、これが3本目です(ヤバい)! この半年、自分のリソースをかなり使って取り組んだビジョン策定について書いてみようかと思います。先週、「KAMINASHI VISION 2030」として発表させていただきました。 今回、新しいチャレンジとして「小説」という形式で未来を伝えるということに挑戦しています(※こちらからご覧いただけます)。 未来のビジョンがないとキツイ!皆さんの会社にはビジョンはあり

スキ
79

入社後2ヶ月でなぜカミナシ新卒行動指針(β版)を策定したのか?

こんにちは! カミナシでフィールドセールスを担当している井上(@daisuke_isa)とカスタマーサクセスを担当している出口(@kdeguchi37)です! 2022年4月にカミナシに新卒1期生として入社した僕たちは、入社してすぐから着手し始め、5月の全社出社日にカミナシ社員に向けて新卒行動指針を発表しました。未来のカミナシ新卒社員に「1期生は入社してからどんな取り組みをしていたか」を記録として残すために、また、スタートアップに就職したけど周囲の新卒がどんなことしているか

スキ
60

子育て世代が感じるカミナシの働きやすさ

カミナシでカスタマーサクセスをしている宿利(しゅくり)です。しゅくりんがあだ名なのですが、まだあまり浸透していません!絶賛あだ名募集中です。 さて前回のnoteではカミナシへの転職までをご紹介させていただきました。転職当時は、「フルタイム勤務なんて、私にできるかしら…」と不安でしたが、現在は余裕でフルタイム勤務をしています。 さて、今回のnoteでは、転職して半年以上すぎ、実際働いてみてどうなのかという率直に感じたカミナシの【地味なんだけど、とてもいいと思うこと(主観)】を

スキ
62

カルチャーに全社で向き合う時間が予想外の学びも生んでいた話

こんにちは!カミナシHRの井上(@INOUERAY)です。 先日、『カルチャーに全社で向き合うワークショップ』という社内イベントの企画・運営を実施したのですが、その中での自分自身の気づきや学びが大きかったので、noteとして書いてみることにしました。 今回のワークショップ実施の背景や狙い、また狙い通りに得られた成果、そして想定していなかった大きな成果についてご紹介できればと思います。 全社でカルチャーに向き合うワークショップ、結論おすすめです。 全社で時間を使い、カル

スキ
34

権限移譲と創業者の役割とCEO室

※上の画像は創業当初に借りた最初のオフィスの表札です。当時の社名を適当な紙に書いて貼ってました。 2022年、新しい年が始まりました。 よく見たら昨年書いたnoteはたったの2本だけ(少なっ...)。今年はもっとたくさん自分の言葉で発信していきたいと思います。 今回は創業者の役割の変遷について書いてみたいと思います。5年間SaaSスタートアップを経営して、シード期間3.5年、シリーズA以降1.5年が経過した創業者の視点から見た話です。 スタートアップのFounderや

スキ
243

1年の頑張りを労って。カミナシ忘年会2021を開催しました!

カミナシnote編集部です! 先週、カミナシでは忘年会を開催しました。 コロナ禍ではあるものの、メンバー全員で1年の振り返りと頑張りを労う会を開催することに。 オンラインかリアルのどちらかで開催するかは悩ましいところでしたが、カミナシはリアル開催を選択しました。 開催にあたっては感染対策を徹底した収容人数倍以上の広めの会場を選び、ワクチン接種や検査の確認、マスク着用や消毒の実施等をしっかり行って開催となりました。 今日はそんな忘年会の様子をご紹介します。 カラーコードは水

スキ
17

リモートワーク下での開発チームのカルチャー・バリュー作り。 カミナシ開発チームが取り組んだ3つのこと

カミナシでEM(エンジニアリングマネージャー)をしている宮本と申します。 コロナ禍の影響でエンジニアの働き方は基本的にリモートワーク中心の世界になったという認識は大きくズレていないかと思います。 そのため、ここ2年くらいで、EMやVPoE、果てはCTOの方は、リモートワーク下で開発チームの一体感だったりカルチャー作りだったりを行う事の難易度の高さを感じていらっしゃる事かと思います。 かく言うカミナシの開発チームも、基本的にはリモートワークにするという選択をしています(※

スキ
27

新規売上161%増を達成した、セールスチームのオフサイトMTGの裏側

こんにちは、カミナシの富澤です! みなさん、オフサイトミーティングって実施されていますか? リモートワークが中心になり、なかなかオフラインの機会を作れていないチームも多いかもしれません。また、「労力がかかる」「その割に効果がない」「一過性のもの」というように捉えられることもあると思います。 しかし、カミナシのセールスチームはオフサイトミーティングの魅力に取り憑かれてしまいました。 オフサイトミーティングをきっかけにチーム力が増し、それに伴い最も注力していた新規の売り上

スキ
90

なぜカミナシは「出社を前提としないワークスタイル」を選択したのか

こんにちは!カミナシでCOOをしている河内です。 新型コロナウイルス拡大によるはじめての緊急事態宣言から、1年半が経過しました。 あらゆる企業が新しい働き方を模索してきた期間だったと思います。徐々にワークスタイルも「コロナ禍」の暫定対応から、「コロナ後」も含めた新しい働き方を意思決定するフェーズに変わってきたように感じます。 カミナシでも議論の末、リモートワークに関する働き方のポリシーを定めたので、その内容や背景について本記事で公開していきたいと思います。 コロナ前は

スキ
100

918%成長を実現したセールスチームを褒めるだけのnote

※これは、カミナシのセールスチームを称賛するだけのnoteです。そのため、カミナシに余程興味あるセールス志望の方のみ読まれることをお勧めします。 こんなnoteを書けるくらいに、今のカミナシのセールスチームは素晴らしいと思います。日本一のチームを目指せると思うので、もっと世の中に知ってほしいし、志ある人に門を叩いて欲しい!という、諸岡のエゴ満載のnoteです。 こんなこと書いたら、セールスチームの皆はもっと頑張るしかなくなるな...と思いながら書いています(笑)。彼らはど

スキ
85

100点の意思決定は目指さない。「みんなの意見」に惑わされない意思決定プロセス

カミナシも正社員が30名弱にまで増えました。 全員の意思や力を一つの方向に集中できれば、以前では考えられない程の力を発揮できる状態になりました。 で・す・が! 「みんなの意見」を聞きながら意思統一して物事を決めるということは口で言うほど簡単ではありません。10名前後の時代は、話をするだけで良かったのですが今の規模になるとそう簡単には行きません。僕自身も、日々色々な壁にぶつかっています。 最近の話なんですが、実際、意思決定でしっかりメンバーの意見と向き合うことが出来ずに

スキ
307

ワクチン職域接種にカミナシが賛同する理由

カミナシnote編集部です! 新型コロナウィルスワクチンの接種が各所で始まりましたね。 カミナシでも接種開始に合わせて、ワクチン接種時の就業の扱いについて方針を発表しました。 今回カミナシは、CoralCapitalが取り組む合同職域接種の参加企業として受けられることになりました。 もちろん接種の選択はメンバー個人の自由ですが、カミナシではほぼ全社員(+同居するご家族)が接種する予定です。 今日はその取り組みや、なぜカミナシはワクチン接種に賛同するのかについてお伝えします

スキ
11