マガジンのカバー画像

カミナシのメンバー

94
カミナシメンバーが書いたnoteです。 カミナシで働くメンバーの人となりをお伝えします。
運営しているクリエイター

#エンジニア

課題を見つけに自ら現場へ。エンジニア兼EMが挑む、お客様の声を活かした新規プロダクトづくり

こんにちは!カミナシ編集部です。 今回は2020年にカミナシにエンジニアとしてジョインし、EM(エンジニアリングマネージャー)としても活躍する沼田のインタビューをお届けします。 幼少期から宇宙に憧れ、学生時代は宇宙物理にどっぷり浸かっていたと話す沼田。数社を渡り歩いたのちにカミナシの門を叩いた理由とは? 複数のプロジェクトにおいてEMを務め、他部署メンバーからの信頼も厚い沼田本人から、カミナシのエンジニア/EMだからこそできる仕事、さらには将来のビジョンまで詳しく聞きました

スキ
25

2021年の抱負と振り返り

株式会社カミナシのエンジニア井村です。 折角noteを始めたので2021年の抱負と振り返りを書いてみたいと思います。(個人的な抱負と振り返りになります) 2020年の振り返り一言で言えばチャレンジングな一年だったと思います。プロダクトはピボットしたばかりで勝負の年と言っても過言ではないくらい、走り続けてきました。 ようやくプロダクトも軌道に乗り始めてきた感覚があり、それは尊敬できるメンバーがジョインされて、カミナシの組織がレベルアップしたからだと思います。 私はエンジ

スキ
15

メンターにしたいNo.1。カミナシの頼れるエンジニアの夢

株式会社カミナシのエンジニア井村です。 カミナシで働いているエンジニアってどういう人が居るのだろう?と思ったことはありませんか。 普段、外部に顔や名前を出さないことが多いので、実際にどういった人なのか分からないと思います。このnoteを通してエンジニアチームの雰囲気やカルチャーを紹介できればと思います。 前回は、エンジニア浦岡さんから井村の紹介に続き、今回は井村から浦岡さんをご紹介します! カミナシの頼れるアニキ的存在カミナシに入社されて在籍1年半になります。 元々

スキ
14

カミナシを支える深堀りエンジニアが目指すこと

このnoteは、カミナシのエンジニア同士の他己紹介を通して弊社エンジニアチームの雰囲気やカルチャーを紹介するためのものです。 今回は、カミナシのエンジニア内で最古参である井村(以降、imuさんと呼称します)を紹介します。(執筆は、同じくエンジニアの浦岡が担当します) Twitterの呟きがきっかけでカミナシにジョイン 元々、ゲーム制作やSIの現場でエンジニアとして活躍していたimuさん、それまでと違った技術に触れたい思いから、#Twitter転職のハッシュタグで呟いたとこ

スキ
21

成長しないといけない場所を選ぶ

カミナシでアプリケーションエンジニアをやっている沼田です。 カミナシに入社して4ヶ月が過ぎ、仕事にも慣れてきたのでカミナシで働く経緯やどんなことをやっているのか書いていきます。 経歴これまではフロントエンド領域を中心にプロダクトを開発してきました。技術領域はインフラからフロントまで好きで、課題があったらどこでもやっていくような広くて浅いエンジニアです。チームに足りないことはエンジニアリングに限らず担うようにしていて、プロジェクトマネジメントやスクラムマスターに近いこともや

スキ
28