メンバー

41

毎日1%よくするための「日報」活用術

"1%よくなる選択をするか、1%悪くなる選択をするかは、その時には些細なことに見えるが、人生という長い期間を送るうちに、この選択こそが、自分の現実の姿と、なり得た姿との違いを決定する。成功は日々の習慣の産物であり、一生に一度の大転換などはない。"
引用:『複利で伸びる1つの習慣』ジェームズ・クリアー

こんにちは。株式会社カミナシ セールスの富澤です。

スタートアップに転職してから、続けている1

もっとみる
最高の気分です!
52

一人目デザイナーはフルリモート。入社7ヶ月でやったこと

スタートアップの一人目デザイナーはUIデザインの実務経験が豊富でないとなれないと思っていたけれど、縁があり株式会社カミナシの一人目デザイナーとなったWebデザイナーのななみちです。
主にマーケティング施策や社内外の発信のためのデザインを担当しています。
入社して早くも7ヶ月が経ち、これまでやってきた仕事と一人目デザイナーの良さについてまとめておきたいと思います。

自己紹介

趣味のつまみ細工のW

もっとみる
ありがたや~
32

メンターにしたいNo.1。カミナシの頼れるエンジニアの夢

株式会社カミナシのエンジニア井村です。

カミナシで働いているエンジニアってどういう人が居るのだろう?と思ったことはありませんか。

普段、外部に顔や名前を出さないことが多いので、実際にどういった人なのか分からないと思います。このnoteを通してエンジニアチームの雰囲気やカルチャーを紹介できればと思います。

前回は、エンジニア浦岡さんから井村の紹介に続き、今回は井村から浦岡さんをご紹介します!

もっとみる

カミナシを支える深堀りエンジニアが目指すこと

このnoteは、カミナシのエンジニア同士の他己紹介を通して弊社エンジニアチームの雰囲気やカルチャーを紹介するためのものです。

今回は、カミナシのエンジニア内で最古参である井村(以降、imuさんと呼称します)を紹介します。(執筆は、同じくエンジニアの浦岡が担当します)

Twitterの呟きがきっかけでカミナシにジョイン

元々、ゲーム制作やSIの現場でエンジニアとして活躍していたimuさん、それ

もっとみる

成長しないといけない場所を選ぶ

カミナシでアプリケーションエンジニアをやっている沼田です。

カミナシに入社して4ヶ月が過ぎ、仕事にも慣れてきたのでカミナシで働く経緯やどんなことをやっているのか書いていきます。

経歴

これまではフロントエンド領域を中心にプロダクトを開発してきました。技術領域はインフラからフロントまで好きで、課題があったらどこでもやっていくような広くて浅いエンジニアです。チームに足りないことはエンジニアリング

もっとみる
嬉しいです!
24

スタートアップに重要なものは 「ニーズ」 「タイミング」 「人 」 。 カミナシという会社が今アツい理由。

僕はカミナシという会社で技術顧問をしています。
カミナシというのは会社の名前でもあり、プロダクトの名前でもあります。ノンデスクワーカー向けのSaaSがカミナシというものです。

「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」これがカミナシのミッションです。4年弱にも及ぶ七転八倒の末、ついにプロダクトの方向性を見いだし、みんなで最高のミッションを生み出しました。

カミナシは、僕が見る限り「ニーズ、タイミン

もっとみる
励みになります!
23

大手人材企業のマネージャーだった自分が、カミナシで現場の働き方改革を目指す理由

はじめまして。カミナシの露崎 真基(つゆさき まさき)と申します。
11月より3人目のセールスとして入社し、フィールドセールスを担当しています。

ここでは私の自己紹介と、何故カミナシを選んだのか、について書いています。
(長文になってしまったので、お手隙の際にご覧くださいませ)

◇新卒でJFEの実業団チームに入り、働きながら泳ぐ

学生時代の大学4年まで、プラス社会人2年目までの計24年間、水

もっとみる