マガジンのカバー画像

カミナシのエンジニア

29
カミナシのエンジニアによるnoteです。
運営しているクリエイター

2022年11月の記事一覧

ストーリーポイント見積もりSlackアプリ「StoryPlan」のすすめ

カミナシでEM(エンジニアリングマネージャー)をしている宮本と申します。 私が所属しているチームでは開発手法としてスクラム開発を採用しております。各プロダクトバックログアイテムの見積もりについては、プランニングポーカー形式でストーリーポイントを算出するという、極めてオーソドックスなやり方で実施しております。 社内コミュニケーションはSlackがメインで、かつ、リモートワーク中心のため、基本的にはオンラインでプランニングポーカーを開催しています。それにあたり、プランニングポ

短期間での AWS SAA/SAP/SCS の準備や試験会場のお話

概要こんにちは! カミナシで Software Engineer をしている Issei です。 最近エンジニアリングチーム内で AWS 資格をとるムーブがあり、その一環でこの度 AWS 認定試験を受け以下の資格を取得しました。 AWS 試験は多くの方が既に受けており、ノウハウも色々とありそうですがこの note では、私なりに短期集中での試験に向けた準備や、試験会場のタイプごとの感想をシェアできたらと思ってます 🙌 今回取得した AWS 資格 AWS Solutions

実体験から語る、オンボーディングが本当に大切な理由と改善のヒント。

こんにちは、ソフトウェアエンジニアの鈴木(@szk3)です。 カミナシにジョインしてちょうど1ヶ月が過ぎました。大変ありがたいことにスムーズに開発チームに馴染むことができたのは、カミナシにおけるドキュメント文化とオンボーディングの素晴らしさがあってこそと感じています。 本記事では、オンボーディングをしたばかりのエンジニアが感じた”オンボーディングが本当に大切だと思える理由”と、オンボーディングの体験に向き合い”改善していくためのヒント”について実体験を交えてお伝えします。

リモート主体の働き方で健康を維持する技術

こんにちは。 カミナシでエンジニアをやっているTakuです。 カミナシのエンジニアメンバーは基本リモート主体で勤務しており、私も平日のほとんどを自宅で過ごしています。 月に一度、全社でコミュニケーションを取るための出社日があるのでその日は必ず出社しますが、それ以外は新入社員との顔合わせや、対面が望ましいMTGがあれば出社するぐらいの頻度です。 最近ですと社内でインタビューをいただける機会があったので、その際は写真撮影のために実際に出社しました笑 在宅でずっと家にいると健

CTO就任により組織の成長速度がアップ!金融系SIer出身・中原が語るカミナシのエンジニアのやりがいとは

こんにちは!カミナシ編集部です。 今回お届けするのは、2021年にエンジニアとして中途入社した中原のインタビューです。新卒ではメガバンク系のSIerへ入社し、金融系のシステム開発に従事していた中原。そこから一念発起し、映像系のスタートアップに転職。そして、カミナシへのジョインを決めた理由とは? 「ソフトウェアエンジニアとしてスキルを磨き続けたい」──そう話す中原から、カミナシでの仕事の醍醐味やこれからのビジョンまで幅広く語ってもらいました。 新卒で入社したのは、メガバン

副業から正社員へ。カミナシに入って 3 か月でやったコト

こんにちは。ソフトウェアエンジニアの坂井 (@manabusakai) です。 カミナシに入社して早 3 か月。自分が貢献できそうなことを探してがむしゃらにやっていたら、試用期間があっという間に過ぎていました。 カミナシに正社員として入社したのは 8 月ですが、2021 年 3 月から副業でお手伝いしていたので関わりは 1 年以上になります。なので、世間では珍しいタイプの転職かもしれません。 前職は freee の SRE チームでプレイングマネージャーをやっていました