マガジンのカバー画像

all

176
カミナシnote編集部が執筆したものやメンバーが個人で書いたものをすべて詰め込んだマガジンです。
運営しているクリエイター

#SaaS

「アーリーステージ」を卒業するためにバリューを改定した話

カミナシでは、2022年7月に新しいバリューを2つ追加し、5つのバリューを「KAMINASHI 5 VALUES」としてリニューアルして公開しました。 新しく追加されたバリューは「自分リノベーション」「外向きベクトル」の2つです。 今回は、バリュー追加の背景や、新バリューの内容について書きたいと思います。 バリューの位置付けはじめに、そもそもカミナシにとっての「バリュー」の位置付けを書きたいと思います。 カミナシにとっての「MVV」の定義は以下図の通りです。 それぞれ

スキ
53

不動産SaaS〜ヘルステック企業を経てジョイン!CS・高瀬が実感する2つの「仕事の醍醐味」

こんにちは!カミナシ編集部です。 今回お届けするのは、カスタマーサクセス(CS)として活躍する高瀬のインタビューです。最近では新卒入社メンバーも加わるなど勢いあるCSチーム。1年前と比べると、組織の人数は倍にまで成長しました。その中で主にエンタープライズ(大手企業)を担当するのが高瀬です。 不動産領域のSaaS企業、ヘルステック企業で経験を積んだ高瀬は、なぜカミナシを選んだのか?今回は、転職のきっかけからカミナシのCSチームで働く面白さと難しさと、“全開オープン”で話しても

スキ
21

カミナシ社の執行役員 CTO に就任しました

トリ(@toricls)です。 カミナシに入社してから早いもので3ヶ月 + α が経ちましたが、さすがのアーリーステージなスタートアップという感じです。前職では想像もしなかったようなスピード感で激☆動イベントがポコポコ発生し、つい先日書いた入社エントリがすでに遠い過去のことのように感じます。 というわけで、本日(2022年7月1日)付けでカミナシの執行役員 CTO に就任しました。 本記事では、あらためてカミナシという会社やサービス、それらを支えるエンジニアリング組織の

スキ
225

カスタマーサクセスのトップランナーを目指す私の現在地(1年目を終えて)

カミナシでカスタマーサクセス(CS)をしているyu hiranumaです。私は前職で金融機関の情報システム担当をしていましたが、CS界のトップランナーになりたいと思い、スタートアップであるカミナシに飛び込んできました。 早いもので入社からあっという間に1年が経ちましたので、入社エントリーで記載した、CSのトップランナーまでの道のり(下表)が今どこにいるのか、このタイミングで振り返ってみたいと思います。 ぜひこれからカスタマーサクセスにキャリアチェンジしようと思っている皆さ

スキ
93

インサイドセールス、1人から5名体制へ。失敗からできたチームで勝つための3つの仕組み

こんにちは、カミナシ VP of Sales&Marketing の富澤です! 今回はインサイドセールスにフォーカスして書きたいと思います! 僕は元々インサイドセールス(IS)の1人目として入社していますが、2022年5月現在、ISは5名体制となりチームになりました。 立ち上げ初期から複数名体制になる前提で仕組みを作っていったつもりでしたが、正直全然甘くて、チームとして成果を出すのは一筋縄ではないと改めて痛感しています。今回はそんな1人体制からチームになっていく過程の中で

スキ
109

SaaSスタートアップのプロダクト開発(シード〜シリーズA編)

カミナシでCOOをしている河内です。 カミナシでは、現場で働くノンデスクワーカー向けにSaaSプロダクトを提供しています。 2020年6月にリリースしたプロダクトの導入社数は右肩上がりで伸び続けており、毎日数十万件のデータが紙の代わりにモバイルで提出されるまでに成長しました。 SaaSスタートアップの成長ステージを 1. Product-Market-Fit期(プロダクト価値の検証) 2. Go-To-Market-Fit期(ビジネス戦略の検証) 3. Growth & 

スキ
165

VP of CS1年目の振り返り〜CS責任者として意識した3つのこと〜

こんにちは、カミナシのカスタマーサクセスの宮城です。 カミナシに入って1年が経ち、カスタマーサクセス(CS)の責任者であるVP of CSになって半年が経ちました。 私が入社してから会社の社員数も20名から50名を超え、顧客数も4倍以上になり会社や事業の規模も相当大きくなっています。 CSチームとしても1年前と比べるとメンバーも4倍近くになり、チームレベルも上がってきたと自負しています。このnoteではCSの活動や事業進捗などではなく、VPとして1年の活動の振り返りを行い

スキ
80

お客様の成功体験を支えるカミナシのカスタマーサポートの裏側

こんにちは!カミナシでカスタマーサポート(以下、SP)を担当している井島です。 現在カミナシでは、全社員で発信していく社内イベント「春のnote・ブログまつり」が開催されています。 参加賞でカミナシCEO諸岡さんの顔がプリントされているお皿が貰えるらしいので、それで美味しい冷やし中華でも食べたいなと思い筆を取りました。(嘘です) 今回は、私が所属するカミナシSPチームについてご紹介させていただきます! 私が所属するカミナシのSPチームには、正社員1名と派遣社員2名が在籍し

スキ
77

セールス&マーケも巻き込み!カスタマーサクセスの顧客事例をカミナシはどうチーム間で活用しているか

こんにちは!カミナシ カスタマーサクセスチームのちゃんみきです。 入社してあっという間に半年が経ち、いそいそと「事例共有と他部門連携」というテーマで2本目のnoteを書いてみることにしました。 皆さんご存知の通り、SaaSのビジネスモデルでは「THE MODEL」に代表されるようにマーケ・インサイドセールス(IS)・フィールドセールス(FS)・カスタマーサクセス(CS)の分業制でビジネスサイドの組織運営をされている企業が多いと思います。 カミナシもこのスタイルで組織運営を

スキ
61

上場企業の執行役員・本部長からスタートアップに役職無しで転職した話

僕は2022年5月現在、株式会社カミナシでフィールドセールスをやっています。3月16日に入社したので入社2ヶ月くらいです。この2ヶ月で、商談ロープレに合格して、インサイドセールスメンバーが獲得してくれた商談を日々実施しています。 お客様のことを想像して商談の準備をして、事例を調べて、直接お客様と会話してお客様の業務の理解度が毎日上がります。楽しいです。 改めて、過去3年くらいの自分のキャリアを振り返るとこんな感じです。 アライドアーキテクツでは、仲間に恵まれて本当に楽しく

スキ
163

大学で起業した私が、カミナシでインターンをしているワケ 〜大学生からみたカミナシの魅力〜

3月から株式会社カミナシの広報PRにインターンとしてジョインしました、鈴木日菜子(@hi_na_co_s)です! 自己紹介 慶應義塾大学3年生( 絶賛休学中 )、21歳、一般社団法人(現在は個人事業主で5月末に法人化予定)の経営をしながらカミナシの広報PRでインターンをしています。なんだかちょっと変わった大学生です。(と、言われます....) 岐阜の飛騨高山という小さな田舎町で18年間を過ごし、大学入学を機に上京しました。 私は、これまで過ごしてきた地元がどうしても好

スキ
111

高すぎる売上目標に吐き気を感じている方へ。予算に勝つための「フォーキャスト管理」の実践。

こんにちは、カミナシの富澤(@tomizawa1988)です! 21年10月よりVP of Sales & Marketingの役割を預かり、売上予算の責任を担う立場で、過去最大の挑戦をさせてもらっています。 カミナシはT2D3の急成長を目指すスタートアップであり、予算が驚異的な角度で上がっていく環境なのですが、正直な話、僕はQが締まるたびに次なるQ予算の重圧に飲み込まれそうになります。高い目標ドンと来い!と本音で言えたらカッコいいのですが、実態は青ざめた表情からのスタート

スキ
98

発信苦手さんにお勧めしたい!発信力を高めるSlackデイリーレポート習慣について

こんにちは。カミナシカスタマーサクセスチームのyu hiranumaです! 唐突ですが、私は発信が苦手です。 自分が思ってることや感じていることを素直に人に伝えるのが恥ずかしく、ついつい自分の中に感情を留めて自己完結してしまうタイプの人間です。 「○○楽しかったー!」「××まじ大変だったー」とか皆さんがつぶやいているのを見て、素直に発言できて羨ましいなぁと思っています。 そんな私が今回、あえて自分の思っていることを毎日発信する、Slackデイリーレポートというものを始めて

スキ
52

個人プレーになりやすいCSを"最強のチーム"へ!3ヶ月で変える方法

こんにちは、カミナシでカスタマーサクセス(CS)をやっている松下です。カミナシでは「まどんぬ」と呼ばれています! 現在チームの中でマネージャーという立場を任せていただき、急成長するカミナシで貴重な経験をしている毎日です。 その中でも今日は、最強のチームを目指すため3ヶ月間で取り組んだことを書きました。まだ道半ばではあるのですが、CSの組織・チームづくりで同じような悩みを持っている方と情報交換できたらという思いもあり、発信してみます! 前提:現在のCSチームについてまず参考

スキ
124