マガジンのカバー画像

all

176
カミナシnote編集部が執筆したものやメンバーが個人で書いたものをすべて詰め込んだマガジンです。
運営しているクリエイター

#インサイドセールス

インサイドセールス、1人から5名体制へ。失敗からできたチームで勝つための3つの仕組み

こんにちは、カミナシ VP of Sales&Marketing の富澤です! 今回はインサイドセールスにフォーカスして書きたいと思います! 僕は元々インサイドセールス(IS)の1人目として入社していますが、2022年5月現在、ISは5名体制となりチームになりました。 立ち上げ初期から複数名体制になる前提で仕組みを作っていったつもりでしたが、正直全然甘くて、チームとして成果を出すのは一筋縄ではないと改めて痛感しています。今回はそんな1人体制からチームになっていく過程の中で

スキ
109

インサイドセールスで立ち上がりを早める入社3ヶ月の心得

こんにちは。カミナシの西大路です。1月に業界未経験のインサイドセールスとして入社をして3ヶ月が経ちました。 ・日々アウトプットを行うこと ・数値化をすること 上記のたった2点を意識するだけで、自分自身かなり成長をさせて頂きましたので振り返りも含めて書きたいと思います。 この記事が以下のような方に、少しでも参考になれば嬉しいです。 自分のインプットに対するアウトプットを毎日行い非同期的なフィードバックをもらえる環境にする セールスチーム全員が見れるSlackで、日々自分

スキ
150

ブライダル業界からSaaS へ!インサイドセールス未経験の私がチャレンジした理由

初めまして! 株式会社カミナシでインサイドセールスをしている西大路 響です。 私は4月に5歳になる娘がいる父親で、新卒からブライダル大手上場企業を約2年間、それから子会社の旅行会社出向を2年間、そしてカミナシへ入社をしました! 私から見たカミナシの魅力や、インサイドセールスの楽しさをお伝えし未経験からSaaSへキャリアチェンジをされる方の参考に少しでもなれれば幸いです。 カミナシセールスチームでのMTG風景です。 楽しそう・・・笑 転職のきっかけ 新卒で入ったブライダ

スキ
74

皆と同じじゃつまらない。“逆張り思考“な長期インターン企業の選び方

初めまして、一橋大学4年のDaisukeです! 今年(2021年)の6月1日からカミナシでインターン第1号として、2人目インサイドセールスのポジションで長期インターンをさせてもらっています! 週3〜5日、大学の授業や卒論と並行してインターンをするのが最近の平日の過ごし方になります。 このnoteでは3年生になるまで長期インターンなどしたことがなかった僕が今勢いに乗りまくっているカミナシでのインターンの椅子をどのように手にしたのか、お話できればと思います。 長期インターンを検

スキ
121

「人生の代表作」をつくりたい。カミナシを勝負の場所に決めたセールスリーダーの意気込み

こんにちは、カミナシ編集部です! 今回は、昨年10月に「インサイドセールス」としてジョインし、セールスの組織をリードしている富澤のインタビューをお届けします。 大手企業での営業を経験してきた富澤が、カミナシに興味を持った理由や面談時に刺さったある言葉のほか、カミナシにおけるインサイドセールスの役割や戦略、そしてこれからセールス組織が目指すビジョンまで深く掘り下げていきます。 大手企業のMR。介護ビジネスの事業立ち上げ。毛色の異なる2社で得た経験。――まず、富澤さんがこれま

スキ
51

インサイドセールスはフィールドセールスの登竜門なのか?IS立ち上げ6ヶ月で見えた役割と意義

こんにちは、カミナシの富澤です! カミナシでインサイドセールスの1人目として入社して半年が経ちました。その間、会社の規模は10名→25名と成長し、LAUNCHPADの優勝や資金調達などを通じて、目まぐるしく事業ステージも変わってきました。 そしてセールス組織も入社当初の2名体制から4名体制になり、インサイドセールスの仕組みが形になりつつあります。これまでインサイドセールスについて発信できていなかったので、ちょうど良い機会だと思ってこれまでの半年を振り返ってみたいと思います

スキ
137

毎日1%よくするための「日報」活用術

"1%よくなる選択をするか、1%悪くなる選択をするかは、その時には些細なことに見えるが、人生という長い期間を送るうちに、この選択こそが、自分の現実の姿と、なり得た姿との違いを決定する。成功は日々の習慣の産物であり、一生に一度の大転換などはない。" 引用:『複利で伸びる1つの習慣』ジェームズ・クリアー こんにちは。株式会社カミナシ セールスの富澤です。 スタートアップに転職してから、続けている1つの習慣があります。 それは「日報」を書くこと。毎日のアウトプットの精度は波があ

スキ
85

ホリゾンタルSaaS「カミナシ」のセールスが面白いと思う3つの理由

「やっぱり紙管理は時代錯誤的だと思う。仕組みそのものを変えたいので導入したい」 とある法人様からご契約をいただいた2020年の年末、自宅のパソコンの前で震えました。 なぜなら、こちらの法人様はカミナシにとって業界初の導入企業になるからです。オンライン商談が終わって2秒後に、腰の入ったガッツポーズをしたのは言うまでもありません。 むさ苦しい始まりでしたが、Saasスタートアップの株式会社カミナシに転職してから3ヶ月が経過しました。 1社目は20,000人の会社で、2社目は2

スキ
82

カミナシに入社しました

はじめまして、富澤と申します。 10/1よりSaaSスタートアップのカミナシという会社に2人目のセールスとして入社しました。 カミナシは社員数が10名ちょっとのまさにこれからの会社です。まだほとんど土台のない環境で、様々な成功失敗を繰り返していくことになると思うので、そうした経験を自分なりの視点で記録していきます。 ということで最初の投稿は、カミナシという会社についてと、カミナシに入社した経緯について書きます! 自己紹介その前に、簡単に自己紹介させていただきます。

スキ
113